WordPress ディスカッションの設定

今回は、WordPressの設定項目の一つである『ディスカッション設定』について書いてみようと思います。

 

ディスカッション(Discussion)とは、直訳すると『討議』『議論』といった意味になります。

 

【WordPress Codex 日本語版】では、以下のように書かれています。

ディスカッション設定画面管理画面 > 設定画面の中にあり、コメント(ディスカッションとも言います)に関する設定を行ないます。コメントを許可するかどうか、トラックバックピンバックを受け付けるか、コメントスパムとして扱う条件などを管理者として決められます。また、(コメントが投稿されたときなど)何が起きたときに電子メールで自分へ通知するか、という設定もこの画面で行ないます。

 

ディスカッション設定方法

ディスカッションを設定するには、まず、ダッシュボードより、『設定』→『ディスカッション』を選びます。

 

 

すると、以下のように『ディスカッション設定』の画面が表示されます。(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

以下、各項目の説明をしたいと思います。

 

投稿のデフォルト設定

トラックバック送信やコメント許可などは個々の投稿記事でも設定可能で、その場合はここでの設定よりそちらが優先されます。

・ この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

この項目にチェックが入っている場合、他サイトの記事へのリンクが貼られている記事が公開される際に、記事内に含まれる全てのリンク先へpingが送信されます。

・ 新しい記事に対し他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける

この項目にチェックが入っている場合、自分のサイトに向けられた他サイトからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付けます。

・ 新しい投稿へのコメントを許可する

この項目にチェックが入っている場合、全ての記事に対してコメントの投稿を許可します。

 

他のコメント設定

・ コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

この項目にチェックが入っている場合、コメントを投稿する際に名前とメールアドレスの入力が必須となります。

・ ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

この項目にチェックが入っている場合、自分のサイトに登録されたユーザーのみコメントを投稿できます。

・ 【X】日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

この項目にチェックが入っている場合、ドロップダウンメニューで指定された日数以上前の投稿のコメントフォームが自動的に閉じられます。

・ コメントを階層までのスレッド(入れ子)形式にする

この項目にチェックが入っている場合、ドロップダウンメニューで指定された階層までのスレッド形式にします。

・ 1ページあたり【X】件のコメントを含む複数ページに分割し、【最後/最初】のページをデフォルトで表示する

この項目にチェックが入っている場合、投稿されたコメントをドロップダウンメニューで指定された件数で改ページします。チェックをはずすと1ページに全件表示されます。

・ 【古い/新しい】コメントを各ページのトップに表示する

コメントの表示順序を指定します。(デフォルトは古いコメントが先頭)

 

自分宛のメール通知

コメントが投稿されたときに、自分宛にメールを通知してもらう条件を指定します。

・ コメントが投稿されたとき

この項目にチェックが入っている場合、コメントが投稿されるたびに自分宛にメールが送られてきます。

・ コメントがモデレーション(※)のために保留されたとき

この項目にチェックが入っている場合、コメントがモデレーション待ちとなった際に自分宛にメールが送られてきます。

 

※モデレーションとは直訳すると『節度』といった意味ですが、『スパムコメントを除外するために、サイト管理者がそのコメントを承認するか破棄するかのチェックを行う』といった意味です。

 

コメント表示条件

投稿されたコメントを承認なしに自動でサイトに表示する条件を設定します。以下の両項目ともチェックをはずすと全てのコメントが承認なしでサイトに表示されます。

・ コメントの手動承認を必須にする

この項目にチェックが入っている場合、全てのコメントが一旦モデレーション待ちとなり、承認するまでサイトに表示されません。

・ すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

この項目にチェックが入っている場合、コメント投稿者のメールアドレスが過去に承認済みのコメントのアドレスと一致する場合にのみコメントを承認なしにサイトに表示します。そうでないコメントはモデレーション待ちとなり、承認するまでサイトに表示されません。

 

上記画像の下に続きます。(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

 

コメントモデレーション

・ 【X】個以上のリンクを含んでいる場合は承認待ちにする(コメントスパムに共通する特徴のひとつに多数のハイパーリンクがあります)。

ドロップダウンメニューで指定された個数以上のURLを含んだコメントをモデレーション待ちにします。

・ コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP に以下の単語のうちいずれかでも含んでいる場合、そのコメントはモデレーション待ちになります。各単語や IP は改行で区切ってください。単語内に含まれる語句にもマッチします。例: “press” は “WordPress” にマッチします。

ここに登録されている語句を一つでも含むコメントは、自動的にモデレーション待ちとなります。

 

コメントブラックリスト

・ コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP に以下の単語のうちいずれかでも含んでいる場合、そのコメントはゴミ箱に入ります。各単語や IP は改行で区切ってください。単語内に含まれる語句にもマッチします。例: “press” は “WordPress” にマッチします。

ここに登録されている語句を一つでも含むコメントは、スパムとみなされ、警告なく削除されます。

 

さらに、上記画像の下にアバター表示の設定項目がありますが、本記事では省略します。
詳細は【WordPress Codex 日本語版】をご参照ください。

 

変更した場合は、一番下までスクロールすると『変更を保存』ボタンがあるので忘れずにクリックして保存してください。

 

コメントを残す